スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

輪るピングドラム 銀河鉄道の夜 考察

銀河鉄道の夜を読み返してみました

以前読んだときは物語の意図がよくわかりませんでした

今回読んでみて・・・

やはり、よくわかりませんでした

そこで、いろいろ解説を調べましたが、

「自己犠牲による愛が最も尊い」

だそうです

ところで気になったことがありました

「ザネリは女の子」説があるそうです

なるほど!だとすると、

  ザネリがジョバンニに意地悪するのは「好きだから」

  カムパネルラがザネリを救ったのは 「好きだから」

となりますね

これを輪るピングドラムに当てはめると、

冠葉(カムパネルラ)が自己犠牲による愛で陽毬(ザネリ)を救う物語になりますね



とはいうものの、原作:イクニチャウダー(幾原監督のごった煮スープ)の物語

ですから、いろいろな作品の影響がごちゃ混ぜになっていて、

なかなか一筋縄では読み解けませんね 

スポンサーサイト

非公開コメント

プロフィール

空回り

Author:空回り
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Thanks!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。