スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

輪るピングドラム 24話 最終回 考察1

明らかに尺が足りない感じでしたね

難解でした

「少女革命ウテナ」も難解でしたけど、それを上回る難解さでした

この作品のメッセージを一番伝えたいであろう10代の人たちに伝わればいいんですけどね


「ウテナ」の最終回なんて、決闘場が全部映像でしたとか、

王子なのに小屋みたいなところに住んでたり(自称王子だったの?)、

グリム童話みたいな世界なのに電話とかFAXがあったり、

あの兄妹は何年前からいるの?とか、

なぜ今トロピカルジュース飲んでるの?とか、

ウテナはどうなっちゃったの?などなど、いろいろと「???」でしたが、

今回はさらにパワーアップした「??????」でした


最後、冠葉と晶馬が出会った時の姿となって登場しますが、

また振り出しに戻ったのでしょうか

ペンギンたちがいたので(2人に見えているかわかりませんが)、

まだ眞悧にマークされているようです

でもカムパネルラとジョバンニは、苦楽を分け合えば、

どこまでも2人で一緒に行けるのでしょうね
スポンサーサイト


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「輪るピングドラム」の最終回をセーラームーンR劇場版、セーラームーンS、少女革命ウテナを交えながら振り返る。

  全ては「愛してる」。この為にあった! ついに「輪るピングドラム」最終回。 今回の記事は最後の冠葉と晶馬の描写について セーラームーンR劇場版とセーラームーンS 少女革命

非公開コメント

プロフィール

空回り

Author:空回り
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Thanks!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。